, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

メディア紹介

「新聞掲載(テキスト)」
新聞掲載(テキスト)

「風の田舎人物語」は、全54回にわたって農業協同組合新聞に連載された、安藤昌益(江戸時代中頃に江戸もしくは京都から東北の八戸に移り住み、医療と「自然真営道」という大作の著述に取り組んだ田舎暮らしの元祖)と、徳富蘆花(明治時代に東京都心から当時は田園地帯だった世田谷に移り住み、著作と農的な暮らしを目指した近代田舎暮らしの本家)のそれぞれ二人の田舎暮らしの思想に焦点をおいて書かれた物語です。

−掲載年月日:農業協同組合新聞 2004年(平成16年)1月20日−2005年11月20日


新聞掲載(テキスト)

新聞掲載(テキスト)