, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

メディア紹介

「田舎暮らしの本」
田舎暮らしの本

当時61歳、東京・虎ノ門にあるホテルの社長をしていた私は、金帰月来型の週末田舎暮らしを卒業し、房総の里山に田舎暮らしの拠点として作った花信風舎に定住し、そこから都心へ通勤していました。また、一緒に暮らすようになった次男と家の前にある70アールの田んぼを借りて、稲作を始めました。 本雑誌の特集ページ「長距離通勤がおもしろい!父子の気ままな田舎暮らし」として、花信風舎が紹介されています(72~80ページ、オールカラー)。

単行本: 231ページ 出版社: 家の光協会 (2003/12)


田舎暮らしの本