, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

第二回 竹炭つくりとお味噌つくりと新酒の会

  • 2006-07豆を縦にして簡単に潰せるようになるまで湯がきます。時間にして約5時間ほど。
  • 2006-08湯がいた後人肌まで冷まして、コウジと塩を混ぜます。豆とコウジと塩の割合は、2:2:1です。今回は豆10キロ、コウジ10キロ、塩5キロです。コウジは購入後は固まっていますので、細かくしておきます。
  • 2006-09その後豆を潰して混ぜます。今回は餅つき機を使つかいましたが、家庭用ミキサーなどでも代用できます。
  • 2006-10豆が細かくなったら野球ボール位の大きさに丸めて味噌樽に叩きつけます。叩きつけることで空気をぬきます。

ここまで出来上がったらビニールをかぶせ、蓋をし、さらに新聞紙などを被せます。極力空気が入らないようにし、最後に重りをのせます。この状態で6ヶ月ほど寝かせます。6ヵ月後蓋を取ってもう一度混ぜます。もう一度混ぜることで豆が更に細かくなります。そしてもう一度蓋をして、4ヶ月ほどで完成です。今回作った味噌は、今年の暮れには食べることが出来るようになります。待ち遠しい!

  • 2006-11出来たばかりのお酒もいただきました。臭いは甘酒にちかい?甘いにおいがします。口当たりがよいのでどんどんいけちゃいます(笑)出来たばかりのお酒、ありがたいですね。

今回も皆様のおかげで楽しい田園倶楽部となりました。特に事前準備からご参加頂きました榮一さん、竹切りのおじいさんご夫婦にはお世話になりっぱなしです。いつも本当にありがとうございます。
次回は竹の子堀りを予定しています。また御都合よろしければご参加ください。

田園倶楽部へのお問い合わせは下記へどうぞ
じゅーはんネット
※ヨコオ住販株式会社様のウェブサイトに飛びます。


千葉房総田舎暮らしサポートセンターがオススメする田舎暮らし物件

千葉房総田舎暮らしサポートセンターでは、主に茂原・長生・夷隅エリアを中心に千葉房総の必見物件情報をご紹介しております。田舎暮らしを自ら体験している管理人独自の視点からのコメントは必見です。
また、できるだけ物件の情報について詳細にお伝えできるようスタッフ一同日々努力しております。
どうぞご覧下さい。

「田園カフェ」は、株式会社田園生活サポートセンターが運営しています。

田園カフェは、田園生活サポートセンターの事業の一つとして、2012年5月にオープンしました。田園カフェは、地域の憩いの場、オアシスであることを目的にしていますが、都心などから長南町を訪れる人への情報提供の場という役割も果たしています。  →詳細はこちら

営業日:毎週木曜日〜日曜日
(月、火、水曜日は定休)
住所:長生郡長南町千田1300-1
TEL:0475-47-4803