, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

第一回 竹炭準備

2006-01

昨年の苦い思い出から今年は【長南竹の里】の江澤さんにご指導頂きました。

2006-02

左の写真は長南竹の里の窯です。
一番左の大きな窯では一回で約1トンの竹炭を作ることが出来ます。

長い竹を約60cm程度にノコギリで切り、8等分に割ります。節を取って窯に入れ、一ヶ月ほどそのまま乾かせます。通常竹の里さんで販売している竹炭は、4年ほど経った竹を切り出し、約半年ほど天日で乾かせたものを使うそうです。



2006-03

江澤さんに道具の使い方と竹の性質を学びました。節を落とす際には、特にナタで手を切らないように注意しましょう!



2006-04

釜の中に並べられた竹です。2時間ほどで火を入れ、フタをして約2日ほどで完成します。

竹にはとてつもないパワーが秘められているそうです。例えば昔からおにぎりを包むのに笹の葉が利用されていたり、出納に竹筒が使われていたりしてきたことは、先人たちが竹に殺菌・消臭作用があることを経験から知っていたようです。そして竹は炭にすることで、秘められたパワーを更に引き出すことが出来るそうです。
お米にいれて炊いたり、水に入れたりするには、堅い炭を作る必要があるため素人では難しいようですが、カビ予防などの湿気取りやタバコやペットの臭い取り、土の活性化などに利用することは出来ます。



2006-05

観賞用に作られる炭は、素材一つ一つの作り方が微妙に違う為、とても時間がかかります。



2006-06

竹の里では竹炭、木炭をはじめ竹酢液、観賞用炭などなどの販売もされています。


今回下ごしらえした竹は、江澤さんの指導の下、2月下旬に火を入れます。完成が楽しみですね。そして早く自分たちで立派な竹炭が作れるようになりたいですね!

田園倶楽部へのお問い合わせは下記へどうぞ
じゅーはんネット
※ヨコオ住販株式会社様のウェブサイトに飛びます。


千葉房総田舎暮らしサポートセンターがオススメする田舎暮らし物件

千葉房総田舎暮らしサポートセンターでは、主に茂原・長生・夷隅エリアを中心に千葉房総の必見物件情報をご紹介しております。田舎暮らしを自ら体験している管理人独自の視点からのコメントは必見です。
また、できるだけ物件の情報について詳細にお伝えできるようスタッフ一同日々努力しております。
どうぞご覧下さい。

「田園カフェ」は、株式会社田園生活サポートセンターが運営しています。

田園カフェは、田園生活サポートセンターの事業の一つとして、2012年5月にオープンしました。田園カフェは、地域の憩いの場、オアシスであることを目的にしていますが、都心などから長南町を訪れる人への情報提供の場という役割も果たしています。  →詳細はこちら

営業日:毎週木曜日〜日曜日
(月、火、水曜日は定休)
住所:長生郡長南町千田1300-1
TEL:0475-47-4803