, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

第二回 竹の子堀り

2005年田園倶楽部第二段『竹の子掘り』です。予定では、竹炭のリベンジを是非やりたかったのですが、竹炭先生の都合が急遽つかなくなってしまい、次回以降に持ち越しとなりました。

しかしながら、時間に余裕が出来た分、お話をする時間をゆったりととることができ、田園倶楽部本来の目的である『コミュニケーション』と言う意味で言えばとても有意義な時間をすごすことが出来たと思います。

  • 2005-04
  • まずは、自己紹介から。初めてご参加いただきましたHさんは、可愛いお孫さんを連れてのご参加でした。北海道からの移住ということで、参加者の中では最北端からの移住です。
    Oさんご夫婦が岡山のご出身ということで、現在の参加者では最南端です。みんなで楽しむ田園倶楽部には、日本各所から参加者が集まってます。

回を重ね、参加者も増えてきたと言うことで、レクリエーション的な要素も徐々に増やして行こう検討中です。
今回は、始めてということもありましたので、わかりやすく『竹の子チャンピオン決定戦』。
大きくて、美しい竹の子を掘った方に、竹の子を掘る専用のクワ、名づけて『チャンピオンクワ』が、贈呈されます。チャンピオンは、これから一年、このクワの使用を許され、またこのクワを持って来年の竹の子掘り大会に出場することが出来ます。
まさに、竹の子掘りの達人として、奉られます!

  • まずは、今回会場をご提供いただきました、Nさんより会場へ入るにあたり注意事項の伝達および竹の子の掘り方をご指導いただきました。
  • 2005-05
  • 2005-06
  • Nさんは、5年ほど前に敷地面積1,400坪ほどの中古住宅付きの里山を購入、お休みだけの里山暮らしを経て3年ほど前からこちらに定住されていらっしゃいます。必要家具などは、地で取れたものを自分の力で加工して作ります。
    外テーブルの椅子だって、竹を使ってこんなにうまく作り上げます。
  • いよいよ竹の子掘りの始まりです!広い竹林を、みんなで竹の子の先っぽをさがして歩きます。
  • 2005-07
  • 2005-08
  • 時間がかかっても、一生懸命掘ります、一本掘ると、もう一本掘りたくなります。参加者全員で、約70本の竹の子を掘り出しました!
  • 竹の子堀りが行われている会場とは別に、食事の用意も同時で進行しております。もちろん食材の中心は竹の子です。
  • 2005-09

これからも、みんなで楽しめる企画を予定しております。家族対抗戦、ランダムに振り分けたグループ対抗戦、関東関西対抗戦、食後のフォークダンス?などなど。。。
また、ご提案などがございましたら、ご遠慮なくお申し付けください!!

  • 2005-10
  • 思う存分竹の子を掘った後は、みんなで昼食です。竹の子ご飯、豚汁、バーベキューをご用意いたしましたが、参加者のKさんご夫婦、Yさんご夫婦より、一品料理の差し入れがございました。これがまた美味しかった!!!
    約2時間ほど田舎話に花を咲かせました。
  • 食事の後は、各自自信の竹の子を持ち寄っての品評会が開かれました。栄えある第一回竹の子チャンピオンは、Uさんが選ばれました!来年はチャンピオンとして参加者の挑戦を受けて立つ立場となります。
  • 2005-11

解散後、Kさんご夫妻の呼びかけにより、いつもご参加いただいているOさんご夫妻に、竹の子をお届けにあがりました。お話を聞くところによると、Oさんご夫妻は、パソコンの故障でメールを見ることが出来なかった為参加できなかったことが判明しました。これからの倶楽部運営上、多種多様な伝達手段を考慮しなければならないという、良い教訓になりました。

Oさんご夫妻、Kさんご夫妻、Aさんご夫妻と私で、Oさんの旦那様が作られた素敵なお庭でお茶をいただきながら楽しい時間をすごすことが出来ました。
こうして田園倶楽部で知り合った方々が、それぞれにお付き合いを発展させていくということは、とてもすばらしいことだと思いました。
今回竹の子を掘ることが出来なかったOさんご夫妻に、Kさんご夫妻が『じゃあ今度、うちの竹山に掘りに来たらええ!』と気さくに声をかけていらっしゃったのがとてもうれしかったです。

徐々にですが、田園倶楽部へご参加いただいている方々の間で、人と人とのつながりが出来つつあるようです。
次回はいよいよ田植えです!頑張りましょう!

田園倶楽部へのお問い合わせは下記へどうぞ
じゅーはんネット
※ヨコオ住販株式会社様のウェブサイトに飛びます。


千葉房総田舎暮らしサポートセンターがオススメする田舎暮らし物件

千葉房総田舎暮らしサポートセンターでは、主に茂原・長生・夷隅エリアを中心に千葉房総の必見物件情報をご紹介しております。田舎暮らしを自ら体験している管理人独自の視点からのコメントは必見です。
また、できるだけ物件の情報について詳細にお伝えできるようスタッフ一同日々努力しております。
どうぞご覧下さい。

「田園カフェ」は、株式会社田園生活サポートセンターが運営しています。

田園カフェは、田園生活サポートセンターの事業の一つとして、2012年5月にオープンしました。田園カフェは、地域の憩いの場、オアシスであることを目的にしていますが、都心などから長南町を訪れる人への情報提供の場という役割も果たしています。  →詳細はこちら

営業日:毎週木曜日〜日曜日
(月、火、水曜日は定休)
住所:長生郡長南町千田1300-1
TEL:0475-47-4803