, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

第一回 竹炭体験 ジャガイモ植え

2005年最初の田園倶楽部は、畑作り第一弾 ジャガイモ植えということで、スケジュールを組ませていただいておりましたが、約2年ほど放置されている花信風舎の炭焼き窯を見て、
「こりゃ暖かくなってきたらまた来年まで使いそうに無いな。。。。」
という社長の呟きから、意外と経験されている方が少ないんじゃない?ということで、
「竹炭を作ろう!」
となりました。
少々スケジュール的にはタイトになりましたが、ジャガイモ植えだけでは人数が集まれば、あっという間に終わってしまうのでは?という心配もありましたので、欲張りなメニューを作成いたしました。

当日まで参加受付をした結果、当日は総勢40名近い参加者が集まりました。
回を重ねるごとに参加者が増え、昨年の同時期と比べ、約3倍の人数となりました。数回ご参加いただいている方の間では、「ひさしぶり~」なんて声も聞かれました。

  • 2005-01
  • 桑の入れ方、これがなかなか難しい!!
    畑の先生のご指導の下、目で見て学びますが、なかなかうまくいきません。
    桑を深く入れすぎると、土はたくさん取れますが、重くなり、疲れます。
    先生曰く、
    「重たい鍬の方が疲れない」
    とのことでした。要は、振り子のように鍬を振り、桑の重さを使って土をすくい、反動で土を横に盛るっという作業の繰り返しだそうです。
    理屈では分かっても、なかなかうまくいきません。そして参加者の中に2人、畑の先生がいらっしゃいました!!
    OさんとKさんのお二人です。
    二人ともやせておりますが、実にパワフルで、尚且つ見とれるほど鍬を上手に操り、あっという間に畝を作っていきます。
    そしてこのKさん、奥さんと共に実は竹使いの名人でもあります。

竹炭準備のために男性陣はノコギリ片手に竹を切り、ナタを振り下ろし、黙々と竹を刻みます。使い方が間違っている人は、手馴れた人の様子を見て学ぶ、あるいは直接指導を頼みます。
そして、女性陣はワイワイガヤガヤ楽しそうに食事の準備をする、そんな光景が見て取れました。

今回の田園倶楽部で最も大きな収穫は、やはり
「参加者同士の横のつながりが出来つつある」
ということだったと思います。
当倶楽部の目標に、一歩ずつではありますが、近づいている事を実感いたしました。

  • 2005-02
  • 午前11時に火を入れた窯に火をたきつけること約2時間半。その間の火加減が非常に難しい!
    ふたを閉め、さらに2時間経過後、全員集合の後、ふたを取ってみると、、、
    結果としては、竹炭は失敗してしまいました。

しかしながら、反省材料を元に、再度チャレンジしよう!という結論に至りました。
5月には、今回切り刻んだ竹たちが、乾燥し、炭焼きに適した状態になっていてくれるものと思われます。
成功を目指し、上手に出来るまで、一緒にこの課題に取り組んでいきましょう!!

  • 2005-03
  • 窯から出てきた竹です。上手に炭化しているものはほとんどありませんでしたが、黒く変色した竹は、ピカピカに輝いておりました。
    中には、一輪挿しなどに充分使えそうなものも。
    第一回目の記念として、気に入ったものをお持ち帰りいただきました。

参加者皆さんのご協力もあり、田園倶楽部は2005年も幸先の良い?スタートを切ることができました。
次回はいよいよ田植えです!
より良い仲間作りのために、運営スタッフ一丸となって頑張ります!

田園倶楽部へのお問い合わせは下記へどうぞ
じゅーはんネット
※ヨコオ住販株式会社様のウェブサイトに飛びます。


千葉房総田舎暮らしサポートセンターがオススメする田舎暮らし物件

千葉房総田舎暮らしサポートセンターでは、主に茂原・長生・夷隅エリアを中心に千葉房総の必見物件情報をご紹介しております。田舎暮らしを自ら体験している管理人独自の視点からのコメントは必見です。
また、できるだけ物件の情報について詳細にお伝えできるようスタッフ一同日々努力しております。
どうぞご覧下さい。

「田園カフェ」は、株式会社田園生活サポートセンターが運営しています。

田園カフェは、田園生活サポートセンターの事業の一つとして、2012年5月にオープンしました。田園カフェは、地域の憩いの場、オアシスであることを目的にしていますが、都心などから長南町を訪れる人への情報提供の場という役割も果たしています。  →詳細はこちら

営業日:毎週木曜日〜日曜日
(月、火、水曜日は定休)
住所:長生郡長南町千田1300-1
TEL:0475-47-4803