, 'opacity': false, 'speedIn': , 'speedOut': , 'changeSpeed': , 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': , 'height': , 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

PAGE TOP

第四回 住宅ローン減税について

平成13年より施行されてきた、「住宅ローン減税」、平成15年入居までの予定が、平成16年は据え置きで延期されましたが、平成17年以降は減税の恩恵が徐々に少なくなっていき、平成20年が最後となります。そもそも、住宅ローン減税って?

参照 財務省による制度の解説

内容は上記財務省の解説にお任せして、ここでは皆様から頂いた質問から、解説を加えたいと思います。

1. 自分の住む家を買うためのローンに対し、減税されます。
セカンドハウスには摘要されません。もちろん、ご自宅ですから住民票を移す必要があります。勤務されていらっしゃる方であれば、通勤が出来るかどうかで住宅ローンが使えるか否か決まります。
しかしながら、セカンドハウスとして住宅ローンを組んだ場合でも、住民票さえ移すことが出来れば、減税を受けることは可能です。
2. ローン残高の1%が減税されます。
年末に近づくと、ローン残高証明書が、金融機関より送られてまいります。年末調整又は確定申告でこれを提示することで、控除が受けられます。年末調整で返金される税金が、人よりも多く帰ってきて、羨ましがられます。

※減税を受ける初年度は、給与所得者も確定申告する必要があります。二年目以降は年末調整で控除が受けられます。

3. 納税額以上返って来る事はありません。
お支払いされた税額以上の控除は受けられません。住宅ローン減税の例で、5,000万円の残高で、最大500万円の控除があるとありますが、年間50万円以上、10年間で500万円以上の納税が無い場合は、納税した額以上の控除は受けられません。また、次年度に持ち越しも無しです。
4. ご相談ください。
いろいろなケースが想定されますので、一度ご相談ください。

千葉房総田舎暮らしサポートセンターがオススメする田舎暮らし物件

千葉房総田舎暮らしサポートセンターでは、主に茂原・長生・夷隅エリアを中心に千葉房総の必見物件情報をご紹介しております。田舎暮らしを自ら体験している管理人独自の視点からのコメントは必見です。
また、できるだけ物件の情報について詳細にお伝えできるようスタッフ一同日々努力しております。
どうぞご覧下さい。

「田園カフェ」は、株式会社田園生活サポートセンターが運営しています。

田園カフェは、田園生活サポートセンターの事業の一つとして、2012年5月にオープンしました。田園カフェは、地域の憩いの場、オアシスであることを目的にしていますが、都心などから長南町を訪れる人への情報提供の場という役割も果たしています。  →詳細はこちら

営業日:毎週木曜日〜日曜日
(月、火、水曜日は定休)
住所:長生郡長南町千田1300-1
TEL:0475-47-4803